掲載者様 新規情報登録

 半角英数8文字以上32文字以内
- -
パートナー利用規約

本パートナー利用規約(以下「本規約」という)は、株式会社ティーケーピー(以下「当社」という)が運営する本サイト(本規約第2条で定義)に貸スペースをご提供いただける皆様に遵守していただかなければならない事項、及び当社とパートナーの皆様との間の権利義務が定められております。本サービスのパートナーとなることを希望される方は、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意していただく必要があります。

第1条 適用
1. 本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社とパートナーとの間の権利義務を定めることを目的とし、当事者間の本サービスに関する一切の法律関係に適用されるものとする。
2. 当社が本サイト(本規約第2条で定義)上で随時掲載する本サービスに関するルール、諸規定等は本規約の一部を構成するものとする。

第2条 定義
本規約において使用される以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとする。
(1) 「キャンセルポリシー」とは、本規約第9条で定める「キャンセルポリシー」を意味する。
(2) 「個別契約」とは本規約第6条で定める「個別契約」を意味する。
(3) 「スペース」とは、パートナーが管理する部屋、施設、その他の貸し出し可能な空間を意味する。
(4) 「スペース情報」とは、パートナーが当社に提供し、当社が本サイト上に掲載するスペースに関する情報(文章、画像、動画その他のデータを含むが、これに限らない。)を意味する。
(5) 「スペース利用料金」とは、ユーザーがパートナーに対して支払う本サイト上で決済された全金額(スペースの利用料金、備品利用料金、飲食料金を含むがこれらに限られない。)を意味する。
(6) 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む。)を意味する。
(7)「オーナー登録希望者」とは、本サービスを利用するため、オーナーアカウント登録を希望する者(第3条に定める「オーナー登録希望者」に該当する。)を意味する。
(8)「オーナー登録情報」とは、オーナーアカウント登録時に必要な、当社が定める一定の情報(第3条に定める「オーナー登録情報」に該当する。)を意味する。
(9)「パートナー」とは、第3条に基づきオーナー登録のために必要な内容をデータ入力・送信し、当社が承認し、その旨を通知した個人又は法人を意味する。
(10)「本サイト」とは、そのドメインを「http://cloud-space.jp/」とした、当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず当社のWEBサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のWEBサイトを含む。)を意味する。
(11)「本サービス」とは、当社がCloudSpaceという名称を用いて提供する、スペースを貸したいオーナーとスペースを借りたいユーザーのマッチングプラットフォームのサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含む。)を意味する。
(12) 「本サービス利用料」とは、第8条に定める「本サービス利用料」を意味する。
(13)「本利用契約」とは、第3条第4項に基づき当社とパートナーの間で成立する、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約を意味する。
(14) 「ユーザー」とは、本サービスの会員登録をし、本サービスを利用してスペースを借りる個人又は法人を意味する。
(15) 「CloudSpace会員規約」とは、当社が規定し、ユーザーが同意した本サービスのユーザー向け利用規約を意味する。

第3条 オーナー登録
1. 本サービスを利用して第三者にスペースを貸すことを希望する者(以下「オーナー登録希望者」という。)は、本規約を遵守することに同意し、且つ当社の定める一定の情報(以下、「オーナー登録情報」という。)を当社指定の方法により当社へ提供することで、本サービスのオーナー登録を申請することが出来るものとする。
2. 登録の申請は必ず本サービスを利用する個人又は法人自身が行わなければならず、代理人による登録申請は認められない。また、登録希望者は、登録の申請にあたり、真実、正確かつ最新の情報を当社に提供しなければならない。
3. 当社は、当社の基準に従って、オーナー登録希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を承認する場合にはその旨をオーナー登録希望者に通知し、この通知によりオーナー登録は完了し、オーナー登録希望者はパートナーとして認められる。
4. 前項に定める登録の完了時に、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約がパートナーと当社の間に成立し、パートナーは、本サービスを当社の定める方法で利用することができるようになるものとする。
5. 当社は、オーナー登録希望者又はパートナーが次の各号のいずれかに該当する場合、登録の拒否、登録の取消し、本サービスの利用制限、又は本サービスの利用禁止をする場合がある。また、これによりオーナー登録希望者、パートナー、又は第三者が被った損害に関して当社は一切の責任を負わないものとする。
(1)本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
(2)当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(3)未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
(4)反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等およびその他これらに準ずる者を意味する。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力の維持、運営、又は経営に関与する等、反社会的勢力と何らかの関与があると当社が判断した場合
(5)本サービスと同一又は類似のサービスを行っていると当社が判断した場合
(6)本サービスの継続的な提供が合理的な理由により困難であると当社が判断した場合
(7)その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

第4条 オーナー登録情報の変更
パートナーは、オーナー登録情報に変更があった場合、又は誤りがあった場合、当社に対し遅滞なく所定の方法により当該事項を通知し、当社から要求された資料を提出しなければならない。

第5条 本サービスの利用
1. パートナーは、本利用契約の有効期間中、本規約の目的の範囲内で、かつ本規約に違反しない範囲内で、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができる。
2 本サービスの利用にあたり、パートナーは、次の各号を実施するものとする。
(1) 当社に対するスペース情報の提供
(2) ユーザーからの問い合わせ、申込み、予約の変更・取消、苦情その他の連絡に対する対応
(3) ユーザーとの個別契約の締結及びその適切かつ誠実な履行
3. パートナーによる本サービスの利用にあたり、当社は、自己の裁量に基づき、パートナーに対し、以下のサービスを提供する。
(1) 本サイトの管理及び運営
(2) スペース情報の掲載、取り下げ
(3) スペース利用料金の回収代行
4. パートナーは、当社の定める方法で、当社に対してスペース情報の提供を行わなければならない。当社は、提供を受けたスペース情報について、当社が別途定める掲載基準に従って掲載の可否を判断し、掲載を認める場合にはその旨をパートナーに通知する。
5. パートナーは、本サイトを通じて知り得たスペースの設備の詳細、ユーザーに関する予約状況、過去の利用状況、ユーザーとのやり取り、その他のスペースに関する事項について、当社から問い合わせ又は資料提供の要請を受けた場合は、遅滞なく回答又は資料の提供を行うものとする。

第6条 個別契約の成立
1. パートナーは、当社に対してスペース情報を提供する際に、キャンセルポリシーその他のスペースの利用に関する諸条件をあわせて提供するものとする。
2. ユーザーからのスペースの利用申込みに対し、パートナーが本サイトの画面上で承認の操作をした時点で、ユーザーとパートナーとの間に、CloudSpace会員規約で定める事項及び前項に基づき提供された事項を内容とする当該スペースの利用に関する契約(個別契約)が成立するものとする。なお、パートナーは、本サイトのサービスを利用するにあたり、本サイトに掲載される情報を基に、自己の責任において操作を行うものとする。

第7条 再委託
当社は、自己の裁量に基づきサービスの全部又は一部を他の第三者に再委託することができるものとする。

第8条 サービス利用料
1. パートナーは、次の各号の基準に従い、本サービスの利用料を当社に対し支払うものとする。
(1)パートナーは、ユーザーから取得するスペース利用料金の総額の20%に相当する金額及びこれにかかる消費税相当額を本サービス利用料として当社に支払うものとする。
(2)ユーザーがクレジットカードを利用してスペース利用料金の決済を行った場合には、決済手数料を差し引く前の金額を基礎として本サービス利用料を計算し、決済手数料は当社負担とする。
(3)本サービス利用料の計算の基礎となるスペース利用料金には、ユーザーが個別契約をキャンセルした場合におけるキャンセル料金も含まれるものとする。
2. パートナーは、当社に対し、ユーザーが支払う個別契約に基づくスペース利用料金を、自己を代理して受領する権限を付与する。パートナーは、ユーザーから個別契約に基づくスペース利用料金を直接受領してはならない。

3. 当社は、ユーザーからスペース利用料金を受領し、スペースの利用月の末日を締日として当月分のスペース利用料金を集計し、これに基づき本サービス利用料を算出するものとする。
4. 当社は、前項に基づきユーザーから受領したスペース利用料金の総額から当社が受領すべき本サービス利用料を差し引いた金額を、利用月の翌月末日(該当日が金融機関の非営業日に該当する場合には、翌営業日)までに、パートナーの指定する銀行口座に振込みによる方法にて支払うものとする。銀行振込手数料その他支払に要する費用はパートナーの負担とし、当社は当該費用を振込金額から差し引くことができるものとする。
5. 当社は、前項に基づく報告につき確認の必要がある場合は、パートナーに事前に通知の上、パートナーの営業所等に立入調査及び必要な帳簿の閲覧謄写をすることができ、パートナーはかかる調査に最大限の協力をするものとする。調査により本サービス利用料の未払いが判明した場合には、パートナーは、違約金として未払金額の10倍に相当する金額及び調査に要した一切の費用を当社に支払うものとする。

第9条 キャンセル時の対応
1. パートナーは、当社に対し、第6条第1項に基づきキャンセルに関する諸条件(以下「キャンセルポリシー」という。)を提供するものとし、当該キャンセルポリシーに従って適切にユーザーからのキャンセルを受け付けるものとする。
2. パートナーは、前項のキャンセルポリシーに従ってユーザーからの予約のキャンセルを受け付けた場合には、所定の方法に従い、当社にその旨を連絡し、クレジットカードへの返金処理(全額返還の場合)又は振込みによる返金処理(一部返還の場合)を依頼するものとし、振込みによる返金処理を依頼する場合には振込先の振込口座を速やかに当社に通知するものとする。尚、全額返金の場合、一部返金の場合、いずれの場合においても当社は所定の返金手数料を差し引くことができるものとする。
3. 一部返金の場合における銀行振込手数料その他返金に要する費用は、ユーザーが負担するものとし、当社は当該費用を振込金額から差し引くことができるものとする。

第10条 パスワード及びパートナーIDの管理
1. パートナーは、ID及びパスワードの管理を自己の責任で行うものとする。ID及びパスワードを使用して行われた行為は、そのIDを有しているユーザーが行ったものとする。ID及びパスワードは、いかなる場合もこれを第三者に使用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等することを禁止する。
2. ID及びパスワードの管理不十分、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任はパートナーが負うものとする。また、ID及びパスワードが第三者に漏洩又は第三者に利用された場合、パートナーは速やかに当社に通知しなければならない。

第11条 本サービスの停止等
1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、パートナーに事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとする。
(1)本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
(2)コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3)火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
(4)本サービスの提供に必要な設備の障害等により本サービスの提供が困難となった場合
2. 当社は、パートナーに事前に通知して、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができる。
3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきパートナーに生じた損害について一切の責任を負わない。

第12条 知的財産権
1. 本サイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約は、本サイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではない。
2. パートナーは、当社又はその委託先が撮影した写真素材について、当社の事前の許可なく、本サイト以外のサイト、パンフレットその他の媒体に使用してはならない。
3. パートナーは、スペース情報について、自らが当該スペース情報を本サイト上に掲載することについて適法な権利を有していること、及びスペース情報が真実かつ正確であり、第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとする。
4. 当社は、本サービスの提供に必要な範囲で、パートナー及びスペースの名称、商標、ロゴを自由に使用できるものとする。但し、使用にあたってはパートナーのブランディングを考慮するものとし、パートナーは自らのブランディングの観点から当社に対して、必要に応じてその使用方法について指定および変更の申し入れを行うことができるものとする。

第13条 保証の否認及び免責
1. 本サービスは現状有姿で提供されるものとし、明示又は黙示を問わず、商業利用の可能性、特定目的に対する適合性、権利の不侵害その他のいかなる種類の保証も行わないものとする。
2. パートナーは、本サービスを利用することが、パートナー及びパートナーが管理するスペースに適用のある法令、業界団体の内部規則等(以下、「法令等」という)に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、法令等に適合したスペースを提供することを保証する。当社は、パートナーによる本サービスの利用が、パートナーに適用される法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではない。
3. 当社は、スペース内で発生した盗難、事故、機器の故障、火災、雨漏りその他のトラブルについて、一切責任を負わない。
4. 当社は、ユーザーによるスペースの不正利用、器物損壊、無断キャンセルその他ユーザーがパートナーに対して与えた損害について一切責任を負わないものとする。
5. 本サイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本サイトへのリンクが提供されている場合でも、当社は、本サイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとする。
6. 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能、パートナーの登録の取消、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連してパートナーが被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとする。

第14条 紛争処理
1. パートナーは、当社による本サービスの提供に関して、ユーザーその他の第三者からクレーム、損害賠償請求その他の請求又は主張がなされた場合には、遅滞なく当社に通知しなければならない。
2. パートナーは、パートナーによる本サービスの利用及び個別契約に関して、ユーザーその他の第三者からクレーム、損害賠償請求その他の請求又は主張がなされた場合には、全てパートナーの責任と費用において解決するものとする。また、パートナーはかかる請求又は主張に関して当社が被った損害(弁護士費用、第三者から請求された賠償額を含む。)及び損失を賠償又は補償する。
3. 前2項に関して、当社及びパートナーは、誠意をもって相手方による当該紛争の解決に協力するものとする。

第15条 直接取引の禁止
1. パートナーは当社の事前の承諾なく、本サービスを利用して連絡をとったユーザーに対し、すでに確立されている本サイトの販売手順を回避する行為や、ユーザーを他のWebサイトや販売手順へ誘導する行為を禁止する。また本サービスを利用せずして当該ユーザーと直接スペースの利用に関する契約を締結してはならない。
2. 前項に違反した場合、パートナーは、当社に対し、前項に違反した直接の契約が本サービスを利用して行われたとした場合に当社が得ることができたであろう収益又は違反が発覚した時点の直近6ヶ月間に当社がパートナーから受領した本サービス利用料のいずれか高い方の10倍の金額を、当社に対して支払わなければならない。また、この場合、当社は、事前の通知なしに本サイト掲載情報の削除、サービスの全部又は一部の利用停止、その他当社が必要と判断する措置を講じることができるものとする。
3. 本条は、本利用契約終了後1年間有効に存続するものとする。

第16条 競業避止
1. パートナーは、本利用契約期間中、当社の承諾がある場合を除き、本サービスと競合するサービスを自ら行わないものとする。
2. 前項の規定は、本利用契約終了後1年間は有効に存続するものとする。

第17条 損害賠償
パートナーは、本規約に違反して当社に損害を及ぼした場合には、その損害を賠償する責任を負う。尚、当該賠償責任は、直接かつ通常の損害に限らず、当社の逸失利益、事業機会の喪失等の間接的な損害も含むものとする。

第18条 不可抗力
いずれの当事者も、自らの支配が及ばない状況(地震、火災、洪水、戦争、停電、ハッキング、コンピューターウィルスの侵入を含むがこれらに限定されない。)により本利用契約上の義務の履行が遅延した場合、その状態が継続する間は相手方に対し債務不履行責任を負わないものとする。

第19条 有効期間
本利用契約は、パートナーについて第3条に基づく登録が完了した日に効力を生じ、当該パートナーの登録が取り消された日、又は本サービスの提供が終了した日のいずれか早い日まで、当社とパートナーとの間で有効に存続するものとする。

第20条 登録取消等
1. 当社は、パートナーに次の各号に掲げる事由が生じた場合には、何等の催告も要せずして、当該パートナーについて本サービスの利用を停止し、又はパートナーとしての登録を取り消すことができる。
(1) 本規約に違反した場合
(2) 振出したまたは引受けた手形若しくは小切手が不渡りとなったとき、または銀行取引の停止処分を受けたとき
(3) 諸官庁から業務・営業の取消、停止等の行政処分を受けたとき
(4) 差押、仮差押、仮処分、強制執行、滞納処分による差押等を受けたとき
(5) 破産、特別清算、民事再生手続若しくは会社更生手続開始の申立があったとき
(6) 解散を決議したとき
(7) 合併または事業の全部若しくは重要な一部譲渡を決議したことにより、本利用契約の債務の履行が困難と認められるとき
(8) 所在不明となったとき
(9) 信用状況が悪化しまたはその虞があると認められる相当の事由があるとき
(10) 法令に違反する行為、又は公序良俗に反する行為を行ったとき
(11) その他、当社が不適切と判断した場合
2. パートナーに前項に掲げる事由の一つが発生した場合、パートナーの当社に対する債務は当然に期限の利益を失い、パートナーは全ての債務を当社に弁済しなければならない。
3. 第1項の取消権の行使は、第17条による損害賠償請求を妨げるものではない。
4. パートナーは、1ヶ月前までに当社所定の方法で当社へ通知することにより、自己のパートナーとしての登録を取り消すことができる。

第21条 遅延損害金
当社は、パートナーが本利用契約、及び本規約に基づく債務の支払いを遅延したときは、その支払い期日の翌日から当該債務及び遅延損害金の支払完了日までを遅延期間として、年14.6%の割合で日割計算により算定した損害金をパートナーに請求することができる。

第22条 反社会的勢力等の排除
1. 本利用契約の当事者は、自己または自己の役員若しくは使用人が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等およびその他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」という。)に該当しないことならびに次の各号のいずれについても相違ないことを保証、表明し、かつ将来にわたってもそれを継続することを相互に確約する。
(1)反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本利用契約を締結するものでないこと
(2)自己または第三者を利用して次の行為をしないこと
   ① 相手方に対する脅迫的な言動若しくは暴力を用いる行為
   ② 偽計若しくは威力を用いて相手方の業務を妨害する行為、または信用を毀損する行為
2. 本利用契約の当事者は、相手方が以下のいずれかに該当した場合、何らの催告も要せず、本利用契約を解除することができる。
(1)前項の確約に反する事実が判明したとき
(2)本利用契約締結後に自己または自己の役員若しくは使用人が反社会的勢力に該当したとき
(3)反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められるとき
(4)反社会的勢力を利用していると認められるとき
(5)反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
(6)反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき
3. 本利用契約の当事者は、前項に基づいて本利用契約を解除した場合、相手方に損害が生じても何らこれを賠償または補償することを要せず、自己に損害が生じたときは、相手方に対し、現に被った損害の賠償を請求できるものとする。

第23条 秘密保持
1. 本利用契約の当事者は、本利用契約に基づく業務の遂行を通じて知り得た相手方の秘密情報、相手方から提供を受けた経営上・事業上の情報、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」という。)で定義される個人情報および本利用契約の内容に関する情報について、守秘義務を負うものとし、相手方の書面による承諾がない限り、第三者にこれを開示、漏洩せず、本利用契約の目的を超えてこれを利用しません。
2. 前項の規定に拘わらず、本利用契約の当事者は、以下の情報については守秘義務を免れる。
ただし、個人情報保護法で定義される個人情報は、以下に該当するものであっても守秘義務の対象とする。
(1)相手方から開示を受ける前に既に公知であった情報
(2)相手方から開示を受ける前に、既に自己が所有していた情報
(3)相手方から開示を受けた後、自己の責めによらずして公知となった情報
(4)正当な権限を有する第三者から合法的な手段により取得した情報
(5)相手方からの情報によらずして独自に開発した情報
(6)法令に基づき行政機関、裁判所および地方自治体から開示・提供を求められた情報
3. 本利用契約に基づく守秘義務は、本利用契約終了後も5年間存続する。

第24条 個人情報の取扱い
1. 本利用契約の当事者は、個人情報保護の重要性を認識し、個人情報の取扱いにあたっては、本規約のほか、個人情報保護法を遵守するものとする。また、本利用契約の当事者は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などのリスクに対して、個人情報の安全管理が図られるよう、自社の役員及び従業員に対し、必要かつ適切な監督を行うものとする。
2. パートナーは、本サービスを通じて取得したユーザーの個人情報を、本サービスの利用に必要な範囲でかつ当社のプライバシーポリシー
(http://www.kashikaigishitsu.net/privacy/)に記載された利用目的の範囲内で利用するものとする。
3. パートナーは、本サービスを通じて取得したユーザーの個人情報を利用して、ユーザーに対して電子メール広告(特定商取引に関する法律第12条の3第1項における「電子メール広告」を意味する。)を行ってはならない。

第25条 本規約の変更
1. 当社は、本サービスの内容を自由に変更できるものとする。
2. 当社は、本規約(本サイトに掲載する本サービスに関するルール、諸規定等を含む。以下本項において同じ。)を変更できるものとし、本規約を変更した場合には、変更後の本規約を当サイトに掲示したときにその効力を生じるものとする。この場合、パートナーは変更後の規約に従うことを予め承認する。

第26条 譲渡禁止
1. パートナーは、本利用契約の契約上の地位又は本利用契約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対する譲渡、担保設定、その他の処分をしてはならない。
2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにパートナーの登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、パートナーは、かかる譲渡につき予め承認する。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとする。

第27条 分離可能性
本規約の一部が、司法上又は行政上の決定により、無効、違法又は法的強制力がないとされた場合は、かかる部分は削除されたものとみなし、本規約における他の条項の有効性および法的強制力に一切影響を与えないものとする。

第28条 存続規定
第5条第5項、第8条(但し、未払いがある場合に限る。)、第9条第3項、第10条第2項、第11条第3項、第12条から第18条まで、第20条第2項及び第3項、第22条第3項、第23条から第29条までの規定は、本利用契約終了後も有効に存続する。但し、第15条及び第16条については、本利用契約終了後1年間に限り存続するものとし、第23条については本利用契約終了後5年間に限り存続するものとする。

第29条 準拠法及び合意管轄
本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関連して生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第30条 協議事項
本規約に定めのない事項及び解釈の疑義については、法令の規定並びに慣習に従うほか、両当事者誠意をもって協議解決を図るものとする。